トップ >  学び紹介 > 福祉分野

検索結果

福祉分野

福祉分野


福祉施設職員(介護職員)

介護職員
福祉施設職員(介護職員)とは
介護が必要なお年寄りや障害のある人に対して、日常生活がスムーズに営めるように介助をしたり、介護に関する相談に応じたりすることが主な仕事です。仕事は多岐にわたり、お年寄りや身体上・精神上の障害がある人への食事、排泄、洗顔などの身だしなみ、入浴、身体の清浄、歩行・車い す等での移動といった身辺介助。また健康管理、家事援助、社会や人とふれあう援助、利用者の生活を支え、ほかの介護員や医療職・家族と連携するための介護 計画の作成、本人や家族からの相談対応などが挙げられます。
活躍の場
老人保健施設、特別養護老人ホーム、身体障害者施設、民間の福祉関連サービス会社
福祉施設職員(介護職員)の勉強ができる学校

社会福祉士

社会福祉士
社会福祉士とは
社会福祉士は、「ソーシャルワーカー」と呼ばれる社会福祉専門職の国家資格です。心身に障害をもっている、日常生活を送るのに支障がある方々に対して、福祉に関する相談に応じたり、助言、指導、援助を行います。福祉制度などに関する深い知識はもちろんのこと、本人や家族が抱える問題を的確に把握し、問題解決の援助を行います。人権尊重や自立支援の視点に立つことも必要になってくる仕事です。社会福祉士の仕事の範囲や対象は多岐にわたります。お年寄りや身体・知的障害者、ひとり親家庭などの相談にのり、それぞれの状況に応じた援助や指導を行い、行政や医療機関など各関連施設をつなぐ役割を担います。
活躍の場
老人福祉施設、障害者施設、社会福祉協議会等、医療機関、行政機関、独立型社会福祉士事務所
社会福祉士の勉強ができる学校

精神保健福祉士

精神保健福祉士
精神保健福祉士とは
精神保健福祉士は、いわゆる「精神科ソーシャルワーカー(PSW)」と呼ばれる専門職の国家資格です。精神科医療機関などで、精神障害者の社会復帰に関する相談に応じ、助言、指導や日常生活への適応のために必要な訓練、援助をし、社会参加の手助けや周囲との連絡調整業務などを行います。精神に障害をもつ人やその家族が抱える生活上の悩みに対して相談にのり、社会復帰に関する助言、指導を行います。日常生活への適応に必要な訓練の実施、関係機関との連絡調整、各種給付制度の案内など、仕事内容は幅広い。
活躍の場
精神科病院、心療内科クリニック、保健所、精神保健福祉センター、精神障害者生活訓練施設
精神保健福祉士の勉強ができる学校

作業療法士

作業療法士
作業療法士とはリハビリテーションの現場において、理学療法士・言語聴覚士とともに活躍する医療 ・福祉界のスペシャリストが作業療法士です。作業療法士は、人間として生きていく上での(作業)活動を理解・分析し、利用できるような力を身につけることが不可欠とされていて、入浴や摂食などの日常生活動作から 、職場復帰に至るまで、作業療法は広く関わっています。身体や精神に障害をもつ人に対して、陶芸、園芸、手芸、工芸などの作業を通じて心身の障害を回復に導く作業療法士の仕事は、生活そのものを力強くサポートします。身体や精神に障害をもつ人に、園芸、手工芸、レクリエーションなどの作業を行わせることで心身の障害の維持・回復に導き、精神面、心理面での安定をめざすのが作業療法士の仕事です。
活躍の場
病院、身体障害者福祉センター、精神病院、 肢体不自由児福祉施設、特別養護老人ホーム
作業療法士の勉強ができる学校