トップ >  学び紹介 > 医療分野

検索結果

医療分野

医療分野


医療秘書

医療秘書
医療秘書とは
医療秘書は、病院などの医療機関で秘書業務や事務、医師や看護師ほかのスタッフ間の調整など、多方面にわたって仕事をします。医学の基礎知識から病院管理に加えて、英語やコンピュータなど、さまざまな要素が求められるスペシャリストです。
活躍の場
総合病院、大学病院、診療所、クリニック、健康保険組合などの医療機関、または製薬メーカーなど
医療秘書の勉強ができる学校

医療事務

医療事務
医療事務とは
医療保険の支払機関に提出するレセプト(診療報酬明細書)の作成と窓口受付、助手業務などであり、幅広い分野でリニックや病院の経営をサポートする専門家です。
活躍の場
総合病院や大学病院などの大病院や診療所、クリニック、健康保険組合などの医療機関
医療事務の勉強ができる学校

医療クラーク

医療クラーク
医療クラークとは
医療施設でのカルテへの記載、処方箋作成、説明書の作成、入退院計画、また病院として必要な診療に関するデータ整理、統計調査、行政上の業務への対応等専門的で幅広い知識を必要とする専門職です。
活躍の場
病院、クリニックなど
医療クラークの勉強ができる学校

診療情報管理士

診療情報管理士
診療情報管理士の仕事とは
医療情報を加工・分析をするのが主な仕事です。高度で最先端の医療サービスを提供するために不可欠な存在になっています。
活躍の場
病院などの医療機関
診療情報管理士の勉強ができる学校

調剤薬局事務員(保険調剤薬局)

調剤薬局事務員
調剤薬局事務員とは
薬局での接客業、事務全般、薬の発注・入庫から在庫管理まで、また簡単な調剤補助などが主な内容です。
活躍の場
調剤薬局
調剤薬局事務員の勉強ができる学校

医師事務作業補助者

医療事務作業
医師事務作業補助者とは医師に本来の業務である医療行為に専念してもらうために医師の事務作業をサポートするスペシャリストです。
活躍の場
総合病院、大学病院、診療所、クリニック、健康保険組合などの医療機関
医師事務作業補助者の勉強ができる学校

登録販売者

登録販売者
登録販売者とは一般用医薬品の情報提供や相談対応を行う薬の販売、アドバイスのスペシャリストです。
活躍の場
調剤薬局、ドラッグストアなど
登録販売者を目指す学校

看護師

看護師
看護師とは医師や医療専門スタッフとチームを組み、患者さんの一番近くでケアにあたる専門職。病院や診療所のほか介護老人保健施設、訪問看護ステーションなどさまざまな活躍の場があります。
活躍の場
総合病院や大学病院などの大病院や診療所、クリニック、健康保険組合などの医療機関、保健所、介護老人保健施設、訪問介護ステーションなど
看護師を目指す学校

視能訓練士

視能訓練士
視能訓練士とは昭和46年に正式な医療国家資格として認められた、比較的新しい国家資格です。視能訓練士(Orthoptist=ORT)は、弱視や斜視など視覚に障害をもつ人を対象に矯正訓練を行ったり、眼の異常を訴える人の祝機能や病気に関する検査を行ったりする眼科唯一の専門職です。
活躍の場
大学病院、総合病院、眼科専門病院など
視能訓練士の勉強ができる学校

言語聴覚士

言語聴覚士
言語聴覚士とは言語聴覚士は、ST(Speech-Language-Hearing Therapist)とも呼ばれ、子どもから高齢者まで言葉や聞こえの問題に関わる専門家です。障害の原因やメカニズムを追究し、改善のための練習や指導、助言などを行う専門職です。
活躍の場
医療機関、老人保健施設など
言語聴覚士の勉強ができる学校

救急救命士

救急救命士
救急救命士とは救急救命士は、消防職員のひとつです。消防士を経て、救急救命士になるのが一般的です。救急現場や救急患者を搬送中の救急車内で、医師の指示のもと、心肺停止状態の傷病者に、器具を使った気道確保、静脈路を確保する輸液、薬剤の投与などの救命処置を行います。
活躍の場
消防署
救急救命士の勉強ができる学校

臨床工学技士

臨床工学技士
臨床工学技士とは病院の手術室や集中治療室では、患者さんの生命に直結した人工呼吸器や人工心肺装置などが作動しています。これらの生命維持装置を含めたさまざまな医療機器を医師や看護師とチームを組んで専門に扱うエンジニアが臨床工学技士です。臨床工学技士は、医療機器の操作はもちろん、メンテナンスやより高度な治療や検査に必要な機器の検討・提案もおこなうなど、医療の最前線で患者さんの生命を守る大変重要な役割を担っています。
活躍の場
大学病院、総合病院、クリニック
臨床工学技士を目指す学校

歯科技工士

技工士
歯科技工士とは歯科医院や歯科技工所で、患者さんに必要な入れ歯・金冠・詰め物などを製作、加工や修理を行うのが歯科技工士の主な仕事です。また、歯並びを改善するための矯正装置、スポーツ歯学から注目されているマウスガード、事故や手術で失われた顔の一部を回復させる顎顔面補綴物の製作など、仕事はあらゆる分野に及びます。高齢社会を背景に、入れ歯の需要の増加や、食生活の変化で虫歯が多く、顎形成も未発達な子供に対する治療の必要性からも歯科技工士の必要性が注目さています。人々の噛む喜び、笑う喜びを確かな技術で支えています。
活躍の場
歯科技工所、大学病院、歯科診療所、歯科機材メーカーなど
歯科技工士の勉強ができる学校