トップ >  学び紹介 > 保育分野

検索結果

保育分野

保育分野


保育士

保育士
保育士とは
専門的知識及び技術をもって、保育所、児童養護施設など児童福祉施設において、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行います。保育所などの児童福祉施設で、保護者の代わりとなって、子どもの年齢に応じた生活全般に渡る指導を行うとともに、保護者に対して保育に関する指導を行います。保育の対象となるのは、乳幼児から18歳未満の未成年者までと幅広い。保育士の最も一般的な職場は保育所であり、そのほか、乳児院、児童養護施設、母子生活支援施設、知的障害児施設などがあります。
活躍の場
保育園、児童養護施設
保育士の勉強ができる学校

幼稚園教諭

幼稚園教諭
幼稚園教諭とは
幼稚園において園児の教育・保育をつかさどる職員です。園児の発育において、園児の教育のほか、園児の健康面での管理、園児保護のための不審者対策なども重要な仕事となっています。幼稚園教諭普通免許状(専修、一種、二種)を有している必要があります。3歳から小学校入学までの幼児に対し、社会生活に必要な決まりを教え、協調性を養うなど、幼児の心身の健全な発達を促します。運動や音楽、絵などを園児に教えるほか、遠足などを通じて社会の姿に触れさせ、昼食時には食事のマナーなども教えます。また、園児が帰ったあとも、1日の記録をつけることや、翌日の準備や打ち合わせ、職員会議などの仕事が挙げられます。
活躍の場
幼稚園、児童養護施設
幼稚園教諭の勉強ができる学校

施設保育士

日本語を学ぶ
施設保育士とは
施設での保育士は、子供の生活指導を行う任用資格である児童指導員や、看護師などとともに、幅広い年齢の子供たちを対象に24時間体制で自立に向けた援助を行います。
活躍の場
児童養護施設
施設保育士の勉強ができる学校

医療保育士

医療保育士
医療保育士とは保育士の資格を有して、病院等で子供の世話をする保育士のことで、保育の知識だけでなく、医療や看護に関する知識も必要とされています。
活躍の場
病院などの医療機関
施設保育士の勉強ができる学校